社長挨拶

山伸工業は、昭和61年の創業以来、環境問題に積極的に取り組みながら責任の完遂をモットーに、軟弱地盤の改良、地盤沈下防止などの分野で、時代のニーズに合った独自の技術を開発し、特殊土木の専門会社として業務を拡大してまいりました。

現在、建設工事投資の低下により削減していくべきものが増える中、従来の地盤改良工法では絶対的に排出する汚泥処理費の削減、及び環境破壊につながらない工法が必要になりました。よりクリーンで、安全かつ安心な工法での土地開発が必須だと考えます。

これからは、弊社が開発したAMP工法(セメントミルクと土が混ざった物(排泥)がほとんど出ない工法)と土留部材引抜同時充填工法(鋼矢板・シートパイル、H鋼、既設杭等の引抜き時に伴う地盤沈下の悪影響を高度に抑制できる日本で唯一の工法)の事業拡大をメインに会社を発展させるとともに、従来技術である地盤改良工法を施工し続けることで今後も引き続き社会に貢献していきたいと思います。

今後とも一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役  山下 伸一