AMP工法協会
HOME   協会案内 問合せ
 
   
  TOP
  概要と特徴
  開発コンセプト
  工法の特徴
  社会的背景
  類似工法との違い
  知的財産権取得状況
  販売ターゲット
  施工手順
  適用例
  施工実績
  工法仕様
  専用マシン仕様
  施工仕様
  適応土質
  改良強度
   
   
   
地盤改良工事・土壌汚染対策工事はAMP工法で/山伸工業
シートパイル引抜き注入環境工法 |山伸工業|
住宅基礎工事は住宅鋼管基礎杭AMP環境工法 |山伸工業|
概要と特徴

AMP工法の特徴
経済的で大幅な工期短縮
  大口径であるため1日の施工量が大きく、経済的で工期の短縮が可能である。
   
安全施工
  大口径のビットによる杭径の確保ができるため、地層の違いによる施工のムラがなく、確実性の高い施工が可能である。
   
確実性の高い改良効果
  注入施工時のエアーの併用、特殊ループ式ビットの形状効果によって、切削土砂と注入剤との確実性の高い混合、撹拌、高濃度の注入剤の使用により地盤密度の向上が図れる。
高い強度特性、及び止水効果を得られる。
   
産業廃棄物を出さない施工法
  ビット引き上げと同時に切削土砂と注入剤の混合、撹拌、下方への押し込みによる施工となるため、周囲を圧密させる効果が働き排泥(産業廃棄物)の発生を抑制できる。
   
目的に応じた改良強度の設定
  注入剤(高濃度セメントミルク)を使用するため、設定強度の確保が可能。
   
密着施工
  噴射あり施工は、ビット径まわりにさらに拡幅された改良体の造成が可能。このため、山留め工などとの密着施工、改良体相互の施工が可能となり、全体的な一体が図れる。
   
現場状況への対応
AMPマシン
  コンパクトな機械設備であるため、非常に狭い場所、上空制限がある場所等での施工も可能。
   
土質への適応性
  個別案件ごとに確認が必要。
   
   
   

Copyright(C)2004 AMP工法協会 All rights reserved.