AMP工法協会
HOME   協会案内 問合せ
 
   
  TOP
  概要と特徴
  開発コンセプト
  工法の特徴
  社会的背景
  類似工法との違い
  知的財産権取得状況
  販売ターゲット
  施工手順
  適用例
  施工実績
  工法仕様
  専用マシン仕様
  施工仕様
  適応土質
  改良強度
   
   
   
地盤改良工事・土壌汚染対策工事はAMP工法で/山伸工業
シートパイル引抜き注入環境工法 |山伸工業|
住宅基礎工事は住宅鋼管基礎杭AMP環境工法 |山伸工業|
概要と特徴

開発コンセプト
イラスト 現在、産業廃棄物量の増加に伴う処理費用の高騰、処理施設や処理能力の不足、更にはこれらに伴う山間部等への不法投棄による地下水汚染等が大きな社会問題となっている事より、産業廃棄物(排泥)の発生抑制方法、装置の開発を基本的なコンセプトとしました。
 通常、地盤改良工を実施する場合、施工に際して産業廃棄物(排泥)が発生する事は当たり前となっていますが、この方法、装置を用いる事により、産業廃棄物(排泥)の発生を抑制する事が可能となりました。
 AMP工法は特殊先端ビット(特殊ループ式ビット)を装着し、機械撹拌と超高圧噴射撹拌を併用することにより、排泥を出さずにビット径に応じた大口径の改良体を造成する「機械撹拌エアーミルク混合圧送工法」です。

Copyright(C)2004 AMP工法協会 All rights reserved.